ノゾキアナ5巻 ネタバレ感想 (全巻無料立ち読み紹介)

ある日、城戸はえみるがいきなりそっけなくなったので不思議に思います。

何か隠れてやっているんじゃ…と尾行してしまいます。

すると、あるクラブにたどり着きました。

 

人混みの中をかき分け、なんとかえみるを見つけることに成功します。

(゜ロ゜)ギョェ
えみるの近くには、ドアがあり、そこにはノゾキアナがありました。

見ようとする城戸を必死で「だめ!!」と止めるも、城戸はそれをはねのけ覗いてしまいます。

 

見ると、中では男女がセックスしているではありませんか。ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

 

前回の内容はこちら
⇒ ノゾキアナ4巻 ネタバレ感想

 

一体誰なんだと、目を凝らしてみるとそこで目を疑う光景を見てしまいます。

「はあ…ぅう…マモルぅ。マモルぅ、大好きぃ。」

 

そこにいたのは付き合っているはずの友里でした…†ヽ(゚ロ゚;)キェーッ!

主人公は頭が真っ白になるも、よがり狂っている友里の姿を見て、怒りを覚え、マモルとやらに物申そうとします。(#`Д´)

 

しかし、城戸は二人の絡みを見て勃起していました。(゜ロ゜;)!!

それを自覚すると、なにもかも嫌になり、持っていたプレゼントのオルゴールを扉の前で叩きつけます。

 

友里はそのオルゴールを見て、城戸がマモルとの行為を見ていたことに気づきます。

 

後日、友里は城戸の家に来ることに。

怒り狂った城戸は、「オレのものだ!!」と言って濡れていないのに、いきなり友里に挿入します。(°◇°;) ゲッ

友里と強引にセックスするも、自分の悲しみや怒りは収まりませんでした。

「琴引さん…俺たち別れよう…」

城戸が壊したオルゴールと同じように二人の関係は二度ともとには戻りませんでした…。(´△`)

 

いや~これはね…城戸くん。

キレていいよ。別れて当然だよ。

このまま知らないまま過ごすより、この方が良かったのかもしれないよ。(゜-゜)

 

でも、友里も友里でノゾキアナのこと知らなくてよかったのかもしれないね。

確かに二人は愛しあっていたのかもしれないけど、秘密を抱えたままだったしね。

どっちも傷つく恋愛だったのかもしれませんね。(-_-;)

 

気を取り直し、次巻では再び添い寝したえみるとどうなるのか。

乞うご期待です!

 

続きのお話はこちら
→  ノゾキアナ6巻 ネタバレ感想

 

ノゾキアナは電子コミックで読むのがオススメ!!

ハンディコミックなら、ノゾキアナを無料で試し読みができます。またオールカーラー版も読めちゃいます\(^o^)/

関連記事

関連記事がありません。