ノゾキアナ11巻 ネタバレ感想 (全巻無料立ち読み紹介)

11巻ではいきなり、まどかちゃんのオナニーシーンから始まります。∑(; ̄□ ̄A

「…ン…くっ…。はぁ…城戸くん…」

と城戸の写真を見ながらアソコをクチュくちょといじっています。

「き、城戸くんのは…どんな感じだったっけ…」

まどかちゃんは、自分の指を城戸のナニと見立てナカに入れて、イッてしまいました。

キャーエッチぃーーー(>_<)

 

前回の内容はこちら
⇒ ノゾキアナ10巻 ネタバレ感想

 

現在、距離を置いている状態の城戸とまどか。

お互い、関係が壊れてしまうことにおびえて、どちらも会わずじまいだったのです。(・へ・;;)

 

そんな中、城戸は昔の恋人である琴引友里に会い、まどかとの関係にけじめをつけることを決意します。

いざ、まどかの家に入ると、まどかは暗闇の中、裸で座っていました。Σ(´□`;)ハゥ

 

すると、まどかはそっと後ろから城戸を抱きしめます。

「…聞いてくれない?まどかちゃん…」

「聞けるよ、ベッドの中でも…」

 

そういうと、まどかは城戸の耳や首を愛撫し、キスしてきます。Σ(・ω・ノ)ノ

「見て…見えるでしょ?あたしの奥まで…。ぁう。もう、こんなになってる…。」

 

カラダを合わせることで今までの二人の隙間を埋めようとするまどか。

しかし、城戸はもう自分の気持ちに嘘はつけませんでした。

自分がいかに愚かで、まどかを傷つけようとも…。(´-`)

 

「生野えみるのことが…好きなんだよ!」

 

「まどかちゃん、オレと別れ―――」

「いや…いやいや…っ!その先は聞きたくない!」

「…オレと…別れてください。」

 

まどかはそう告げられても、自分が城戸を心の底で許せなかったからだと考えてしまいます。

決して城戸を責めたりはしませんでした…。

本気で心の底から城戸のことが好きだったんですね…。

…まどかちゃん。(ノ△・。)

 

けじめをつけた城戸は、隣の部屋から消えてしまったえみるを探すことにっ!

すると、えみるの高校時代の友人の風俗嬢、小泉サキと出会います。

えみるの過去を知る人物に、接触できた城戸。

一体、えみるの過去には何があったのでしょうか、次巻が気になりますね。(゚-゚;)

 

続きのお話はこちら
ノゾキアナ12巻 ネタバレ感想

 

ノゾキアナは電子コミックで読むのがオススメ!!

ハンディコミックなら、ノゾキアナを無料で試し読みができます。またオールカーラー版も読めちゃいます\(^o^)/

関連記事

関連記事がありません。